第6回コウノトリ未来・国際かいぎ

第6回コウノトリ未来・国際かいぎ つながる! ~いのち・地域・こころ~ Keeping in Touch with Life, Community, and Heart 豊岡市民会館 文化ホール 10月30日10月31日
 

20211030日・31
豊岡市民会館 文化ホール

 

 


INFOMATION

2021.10.26 駐車場情報お知らせを更新しました。
2021.10.15 ウェブ申込みの受付期間を延長します。詳細は、参加者募集ページ(豊岡市公式ホームページ)をご覧ください。
2021.10.13 市民交流会「蔡忠浩 アコースティックライブ」の詳細が決定しました。
2021.10.05 出演者プロフィールを追加しました。
2021.10.01 ライブ配信決定!本日から申込受付を開始します。
申込フォームはこちら
2021.09.30 出演者プロフィールを追加しました。
2021.09.26 出演者プロフィールを追加しました。
2021.09.21 参加申込者への「入場整理券」等の送付は、10月中旬ごろを予定しています。
受付時間等の詳細は、「入場整理券」と同封の書類に記載するほか、本サイトでもお知らせします。
2021.08.24 出演者プロフィールを追加しました。
2021.08.19 「がっせぇアート展」の情報を更新しました。
2021.08.17 出演者プロフィールを追加しました。
2021.08.14 参加申込の受付を開始しました。
2021.08.11 第6回コウノトリ未来国際かいぎの本サイトがオープンしました。

GUEST

山極壽一

顔写真:山極壽一

AKI INOMATA

顔写真:AKI INOMATA

福岡伸一

顔写真:福岡伸一
 

 

SCHEDULE

DAY1 2021年10月30日

 

午前
10:30~12:00

 

午後
13:00~17:45

 

市民交流会~TSUNAGARU ミニフェス~

【会場】豊岡市役所前市民広場・豊岡稽古堂

18:00~21:00
DAY2 2021年10月31日

 

午前
09:05~12:15

 

 

 

APPLICATION

 

申込受付期間
2021年8月14日~10月15日
 ※ウェブ申込のみ、2021年10月27日まで受付期間を延長しています。 

申込書による申込み、昼食弁当の予約は終了しました。

 

申込方法
    • ウェブで申込み

      参加者募集ページにアクセスして、専用フォームから申し込んでください。

 

  • 申込書で申込み

    参加申込書をFAXまたは郵送で提出してください。

    参加申込書は、参加者募集ページでダウンロードできるほか、市内公共施設等に設置のパンフレットに同封されています。

10月30日予約限定 あるもんde鳥居 の~らのお弁当
写真:弁当
(イメージ)
500円(税込み)

 

「暮らしの学校農楽(の~ら)」が運営する「あるもんde鳥居」が作る、たっぷりの野菜とコウノトリ育むお米を使った”国際かいぎ限定”のお弁当。

 

 

予約販売のみで当日販売はありません。
参加申込と合わせてご予約ください。

 

暮らしの学校農楽(の~ら)は、農業を通じ、障害や引きこもりなどの生きづらさを抱える若者らを支援する団体です【FaceBook】

参加申込をいただいた方に、順次「入場整理券」等を送付しています。お手元に届いていない方はお問合せください。
 
 
 

 

LIVE STREAMING

Web会議システム「Zoom」のウェビナー機能を利用したライブ配信を実施します。

  • 事前に視聴者登録が必要です。
  • 視聴には、Zoomアプリまたはウェブブラウザが必要です。
  • 視聴者は、カメラとマイクは使用しません。
  • 申込者一人一人に専用の参加URLを発行します。
  • メールに記載される参加用リンクは、申込者本人のみ有効なリンクです。また、視聴は1端末に限定されます。
申込受付期間
2021年10月1日~国際かいぎ終了まで

 

 

 

ACCESS

豊岡市民会館(兵庫県豊岡市立野町20-34)

電車でお越しの際

JR豊岡駅から徒歩で約20分

車でお越しの際

北近畿豊岡自動車道 コウノトリ但馬空港I.Cから約10分
京都縦貫自動車道 京丹後大宮I.Cから約45分

飛行機でお越しの際

コウノトリ但馬空港からバスで約20分

詳細をみる
 

INTRODUCTION

「コウノトリ未来・国際かいぎ」は、コウノトリ野生復帰実現に向けた技術・知見の集積、それを支える持続的な地域づくりを進めるために、兵庫県と豊岡市が開催する国際会議です。

2005年にコウノトリを放鳥して以降、コウノトリは私たちの周りで日常的に見られるようになりました。繁殖地も全国に広がってきましたが、人の暮らしとの関係など新たな課題も生まれてきています。

今秋、これからの私たちの未来を議論するため、「第6回コウノトリ未来・国際かいぎ」を開催します。

主催

兵庫県、豊岡市

共催

コウノトリ野生復帰推進連絡協議会

主管

第6回コウノトリ未来・国際かいぎ実行委員会

後援

文化庁、農林水産省、国土交通省、環境省、(公財)山階鳥類研究所、(公財)日本野鳥の会、(公財)日本鳥類保護連盟、(公財)世界自然保護基金ジャパン、ラムサール・ネットワーク日本、(公財)日本自然保護協会、(公社)日本動物園水族館協会、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、生物多様性自治体ネットワーク、コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)、(公財)但馬ふるさとづくり協会、コウノトリファンクラブ

 
Translate »