環境創造型農業

環境創造型農業

田んぼで餌を探すコウノトリ

「コウノトリも住める豊かな環境(自然環境と文化環境)は、人間にとっても持続可能で健康的に暮らせる素晴らしい環境であるに違いない」と考え、2002(平成14)年から農薬や化学肥料に頼らず、多様な生きものを同時に育む稲作技術の確立を目指した取組みを進めています。
また、生産された農産物や農産加工品に対する消費者の信頼を高め、消費拡大を促し、農業の安定的かつ長期的な振興を図ることを目的として、豊岡市独自の農産物ブランド「コウノトリの舞」ブランドの普及を推進しています。
コウノトリ野生復帰を支え、コウノトリによって支えられてきたものの代表例が「コウノトリ育むお米」です。
さらに、農業が持続可能であり続け、人が住み続け、農村がにぎわい、若者が進んで就農できる仕組みづくりや、多様な生きものと共生する自然環境に配慮した農業が経済的に自立することが重要であることから、「豊かな地域資源を活かし、安全安心な農産物を生産する元気の出る農業・農村を実現させる」ために、環境創造型農業に特化した推進方針である「豊岡市農業振興戦略」を定め、実践しています。

「コウノトリ育む農法」による米づくり(コウノトリ育むお米)

コウノトリ育むお米のパッケージ

「コウノトリの餌を増やす」という観点から、農産物と生きものを同時に育む意識が広がっています。
2004(平成16)年からは、生産された農産物や農産加工品に対する消費者の信頼を高め、消費拡大を促し、農業の安定的かつ長期的な振興を図ることを目的とするブランド化事業も進めています。

コウノトリ育む農法に求められること

兵庫県では、環境に対する負荷の軽減と県民への安全安心な農産物の安定供給を図るため、1993(平成5)年度に全国に先駆けて「兵庫県有機農産物認証制度」を創設し、2001(平成13)年度から残留農薬量を国の基準の10分の1以下とするなどとした「ひょうご安心ブランド農産物認証制度」を創設するなど、環境にやさしい農業を推進してきました。特に「コウノトリの郷公園」の建設予定地となった祥雲寺区では、1990年代からアイガモ農法を取り入れるなど、農薬に頼らない米作りに先進的に取り組んできました。
また、兵庫県や豊岡市、農林水産省は、乾田化やコンクリート三面張り水路の増加により悪化した生物の生息環境を改善するため、2001(平成13)年ごろから魚類等が水路と水田を移動できる「水田魚道」、稲の活力を増すために水田の水を抜く「中干し」期間中に水生生物が生き残ることができる「避難場所(素掘り水路等)」、水路における生息・生育場となる「魚巣」等の整備を行ってきました。
その他にも、休耕田に年間を通じて水を張ることで生物の生息・生育場とする「転作田ビオトープ」、冬期等、通常は田んぼが干上がっている時期に水を張る「常時湛水稲作」といった取組みを推進してきました。

コウノトリ育む農法の体系化

そうした中、2003(平成15)年ごろから兵庫県や祥雲寺区等の一部の農家が協力し、農薬や化学肥料を使用しない、または使用量を大幅に低減させ、コウノトリの餌となる生物を育む農法の確立に向けた取組みを始めました。
しかし、当時は農薬や化学肥料を使用し、地域の栽培スケジュールに従って、農作業の効率化、単位面積当たりの収量増加を図ることが常識的な考え方であり、それに相反する取組みに対して簡単に理解が得られるものではありませんでした。また、農薬を使用せずに雑草を抑制する技術などはまだ確立されていませんでした。
これに対し、兵庫県は先進的な指導者を県外から招くなどし、「コウノトリと共生できる農業」の技術開発に取り組み、強い信念をもった農業普及員の努力などもあり、試行錯誤の末、2005(平成17)年に「コウノトリ育む農法」を体系化しました。これは化学農薬を使用しない、または慣行栽培に比べ75%低減し、化学肥料の代わりに有機肥料を使用するとともに、田んぼに水を張っている期間を長くするといった要件があります。湛水期間を延長することにより、オタマジャクシがカエルまで育ち、ヤゴがトンボになることができ、コウノトリの餌となる生物を増やすとともに、田んぼの生き物のバランスを保つことによる害虫抑制等を意図したものす。

コウノトリ育む農法の普及

「コウノトリ育む農法」は慣行栽培に比べ、除草や水管理などの手間が増え、収量は低下します。これに対し県や市、農林水産省は助成金制度を設けている他、研修会やフォーラムの開催、大規模実践地区の設置、マニュアルの作成等を行い、但馬地域に広げる取組みを行ってきました。
また、2008(平成20)年から3年間、「コウノトリ育む農法アドバイザー養成講座」を開講し、各営農地区のリーダーに技術講習等を行うなどしてきました。これらの取組みの結果、作付面積は2005(平成17)年のコウノトリ試験放鳥以降、急激に拡大し、現在も増加傾向にあります。

その他

「コウノトリ育む農法」の努力目標である「水田魚道」の設置も進められています。「コウノトリ育む農法」と慣行農法における田んぼの生物数を調査した結果から「コウノトリ育む農法」では、実際にたくさんの生きものが生息していることが分かっています。河川の水質調査においても、農薬関連項目の数値は環境基準を達成した状態を保っています。
また、NPO コウノトリ市民研究所や地元の小中学生、高校生による田んぼの生きもの調査が行われるなど、環境教育の場としても活用されています。その他、2010(平成22)年にはJICA(国際協力機構)の「草の根技術交流事業」として「コウノトリ育む農法」の中国への技術指導が県や市などを通じて行われるなど、海外にも取組みが広がっています。

PAGE TOP