コウノトリブログ

ミミズを食べるコウノトリ

コウノトリが巣ごもりするシーズンが到来し、オスとメスが交代しながらそれぞれエサを食べに出かけています。

この頃から水のない田んぼではトラクターによる耕うん(機械で土をたがやす作業)が行われますが、コウノトリは目ざとく耕運機が走る田んぼに訪れて食事します。コウノトリだけでなく、トビ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、アオサギなども集まり、耕運機のまわりは大盛況となり、まるで耕運機が鳥たちを連れて走っているようです。

何を食べているのか観察すると、土の中から長いものを引っ張り出して食べる場合と、判別がつかない小さなものを放り投げて食べる様子が見られました。田んぼに近づき耕うんされた土を見ると、ミミズが動いています。

乾いた場所ではよく目で見て、生きものをとらえる様子が印象的です。

PAGE TOP
Translate »