連携の取組み

連携の取組み

失われた自然環境と文化環境の再生・創造を目指すコウノトリ野生復帰の取組みは、野生生物の保護に留まらない普遍的な価値観を内包しています。内外のさまざまな主体との協働や連携・支援はコウノトリ野生復帰を進める大きな原動力になっています。市の取組みに賛同していただいた企業や団体が、コウノトリ野生復帰の取組みに直接参加したり、豊岡市コウノトリ基金に寄付いただき、コウノトリも暮らせるまちづくりが進んでいます。

外部との連携・支援

寄付による支援

コウノトリ野生復帰の取組みを側面的に支援いただくため、寄付金を募り「コウノトリ基金」として運用しています。2000(平成12)年の設置以来、個人・団体・企業など全国から多くの寄付をいただき、コウノトリの餌場となるビオトープの整備や、生物多様性保全の拡大、環境教育などに活用しています。

行動による支援

とにかく豊岡に行って何かをやりたい!という声もあります。コウノトリをめぐる取組みの意味を学び、実際に現地で作業をする。それが実践地域の活性化につながり、参加社員への研修にもなる。そんな『貢献学習』のスタイルも大歓迎です。

お米を食べる支援

日本人の食習慣の変化に伴い、お米の消費はかつての半分になったと言われます。 でも実は、お米が作られている「田んぼ」は、コウノトリの餌場としてとても重要な場所なのです。たくさんの生きものと美味しいお米を同時に育む「田んぼ」を支えることも重要な支援です。皆さんぜひお米を食べましょう!

知識・技術による支援

大学等の研究機関や企業が持つ知識・技術を、コウノトリ野生復帰を支える環境づくりに具体的に生かしていく動きも生まれつつあります。豊岡をフィールドとした理論の実践、環境技術の応用など、知的・技術的な支援も必要としています。

豊岡市コウノトリ基金

市の取組みに賛同していただいた企業や団体から、豊岡市コウノトリ基金に寄付いただき、コウノトリも暮らせるまちづくりに活用しています。
コウノトリ基金を活用する主な取組み
コウノトリの生息環境保全
休耕田などをビオトープとして利用、管理し、生物多様性を保全するとともに、コウノトリのエサ場の創出を行います。
また、市内の小学生がビオトープで生きもの調査授業を行い、子どもたちの環境学習の場としても使用しています。
活動支援
市民グループによるコウノトリの生息地や生物多様性の保全活動などの「小さな自然再生」活動にも活用しています。
ハチゴロウの戸島湿地維持管理
コウノトリの生息地や地域の生物多様性保全の核として機能させるため、「ハチゴロウの戸島湿地」の維持管理に活用しています。
コウノトリ育むお米
市内小中学校の給食では、コウノトリ基金を活用し、コウノトリ育む農法で作られたお米を毎日提供しています。

コウノトリ育む農法の農産品「コウノトリの舞ブランド」の拡大

「コウノトリ育む農法」が広がるためには、コウノトリ野生復帰という理念のみならず、農家にとって経済的な利点を維持していくことが必要です。2003(平成15)年に、豊岡市が「ひょうご安心ブランド」(残留農薬が国基準の10分の1以下)に独自に定めた要件を加えた「コウノトリの舞」を、JAたじまが特別栽培農産物認定制度「コウノトリの贈り物」を制定するなど、ブランド化を進めてきました。その他、県や市、JAは販売促進イベントを実施し、大手量販店をはじめとする販売ルートの確保、田んぼの生き物調査を通じた消費者と農家の交流促進を行ってきました。
これらの取組みや社会の環境意識の高まりといった背景もあり、「コウノトリ育む農法」は慣行農法に比べ高値で取引され、売上高も但馬地域外向けを中心に年々着実に増加しています。

域内消費の拡大

コウノトリ育むお米の作付けを増やすには、消費を拡大させることです。「だったら給食で私たちが食べます!」子どもたちが市長に直談判し、2007(平成19)年10月から2カ月に3回、学校給食での使用が始まりました。
2011(平成23)年から週2回、2015(平成27)年から週3回、2017(平成29)年から週5回と提供回数が増加し、域内消費の拡大につながっています。

育む農法関連商品の増加

育むお米を使ったお酒や育む大豆を使った豆腐、醤油、米粉を使ったパンケーキなど、たくさんの商品が誕生しています。
JAたじまのホームページへのリンク

域外消費の拡大

大手量販店での販売が進んでいます。

主な販売店
量販店名 販売地域 販売開始年
イトーヨーカ堂 主に関東 2010(平成20)年
トーホーストア 兵庫県内 2009(平成21)年
サンエー 沖縄 2008(平成22)年

生息地保全 協働事業

生物多様性条約では、生物多様性の保全と持続可能な利用の実現等、条約目的を実現するために、民間部門の重要性が強調されています。豊岡でも、田んぼが耕作されている間は良いのですが、耕作されなくなり、水が引かれなくなると、草が生え、陸地化するなど、湿地として維持し続けていくには、人の手が関わり続けることが必要です。しかし、生物多様性のために大事であるということだけでは、湿地として維持し続けることが難しい現実があります。
生態系の頂点に立つコウノトリも住める環境を維持していくことは、行政の力だけで出来るものではなく、多くの人の関わりが必要です。
これまでも多くの方々から、主体的に協力をいただいています。これからも、より多くの方々の賛同をいただきながら、コウノトリも住める環境を一緒に守っていきます。

補助金・委託金

豊岡で、コウノトリも一緒に暮らしていきたい。と、考える多くの市民の方々の活動を支援するために、補助金交付制度等があります。市民の方々の取組みを応援します。

補助金・委託金名称 補助・委託対象 補助金の額 補助率
小さな自然再生活動支援助成金 市民団体等が行う、生物多様性保全に資する活動 100,000円 定額
高校生等地域研究支援補助金 市内の高校生が行う、コウノトリに関連する研究、調査活動等 100,000円 定額
生息地保全
水田ビオトープ維持管理業務委託
水田をビオトープとして維持管理を行い、地域の生物多様性の向上・保全に資する 24,000円/10a

各補助金等の対象条件はコウノトリ共生課に問い合わせてください。

CSR活動
豊岡市の取組みに賛同して、これまでも多くの企業・団体の皆さんから湿地の保全・再生に協力をいただいています。植林などと違い、湿地は手を入れ続けなければ、草が生えたり、土砂が堆積したり、陸地化してしまいます。
生態系の頂点に立つコウノトリも住める豊かな生態系を作るために、ぜひ、多くの企業・団体の皆さんのご協力をお待ちしています。

《問合せ》
教育旅行
子どもたちが「確かな学力」とともに「豊かな人間性」を培うためには、「現場を見ること」「体験すること」も大変重要なことです。これまでの豊岡でのコウノトリ野生復帰の取組みを学び、自然環境を維持していくことの大事さや難しさを感じ、そして、その一役を実際に担ってみる。そのような教育旅行の実現を通じ、多くの子どもたちに「豊かな人間性や社会性」が身に付く機会を提供しています。

《問合せ》
インターン
コウノトリの餌場の一つでもある湿地づくりにはゴールはありません。毎年、毎年、自然との闘いの中で、より良い生息環境をイメージしながら取り組んでいます。
コウノトリの野生復帰など、生物多様性について興味がある学生の知見を生かしながら、一緒に湿地づくりに取り組んでくれるインターンを受け入れています。

《問合せ》
PAGE TOP