行動による支援

行動による支援(Operation)

生息地保全 協働事業

生物多様性条約では、生物多様性の保全と持続可能な利用の実現等、条約目的を実現するために、民間部門の重要性が強調されています。豊岡でも、田んぼが耕作されている間は良いのですが、耕作されなくなり、水が引かれなくなると、草が生え、陸地化するなど、湿地として維持し続けていくには、人の手が関わり続けることが必要です。しかし、生物多様性のために大事であるということだけでは、湿地として維持し続けることが難しい現実があります。
生態系の頂点に立つコウノトリも住める環境を維持していくことは、行政の力だけで出来るものではなく、多くの人の関わりが必要です。
これまでも多くの方々から、主体的に協力をいただいています。これからも、より多くの方々の賛同をいただきながら、コウノトリも住める環境を一緒に守っていきます。

補助金・委託金

豊岡で、コウノトリも一緒に暮らしていきたい。と、考える多くの市民の方々の活動を支援するために、補助金交付制度等があります。市民の方々の取組みを応援します。

補助金・委託金名称 補助・委託対象 補助金の額 補助率
小さな自然再生活動支援助成金 市民団体等が行う、生物多様性保全に資する活動 50,000円 定額
高校生等地域研究支援補助金 市内の高校生が行う、コウノトリに関連する研究、調査活動等 50,000円 定額
生息地保全
水田ビオトープ維持管理業務委託
水田をビオトープとして維持管理を行い、地域の生物多様性の向上・保全に資する 24,000円/10a

各補助金等の対象条件はコウノトリ共生課に問い合わせてください。

CSR活動
豊岡市の取組みに賛同して、これまでも多くの企業・団体の皆さんから湿地の保全・再生に協力をいただいています。植林などと違い、湿地は手を入れ続けなければ、草が生えたり、土砂が堆積したり、陸地化してしまいます。
生態系の頂点に立つコウノトリも住める豊かな生態系を作るために、ぜひ、多くの企業・団体の皆さんのご協力をお待ちしています。

CSR活動の事例

JXTGエネルギー株式会社(旧・九州石油株式会社)(リンク)
KDDI株式会社

教育旅行
子どもたちが「確かな学力」とともに「豊かな人間性」を培うためには、「現場を見ること」「体験すること」も大変重要なことです。これまでの豊岡でのコウノトリ野生復帰の取組みを学び、自然環境を維持していくことの大事さや難しさを感じ、そして、その一役を実際に担ってみる。そのような教育旅行の実現を通じ、多くの子どもたちに「豊かな人間性や社会性」が身に付く機会を提供しています。
インターン
コウノトリの餌場の一つでもある湿地づくりにはゴールはありません。毎年、毎年、自然との闘いの中で、より良い生息環境をイメージしながら取り組んでいます。
コウノトリの野生復帰など、生物多様性について興味がある学生の知見を生かしながら、一緒に湿地づくりに取り組んでくれるインターンを受け入れています。
《問合せ》
《問合せ》
《問合せ》

Translate »