支援のカタチ

さまざまな支援のカタチ(Start Stork Support Project!)

失われた自然環境と文化環境の再生・創造を目指すコウノトリ野生復帰の取組みは、野生生物の保護に留まらない普遍的な価値観を内包しています。内外のさまざまな主体との協働や連携・支援はコウノトリ野生復帰を進める大きな原動力になっています。市の取組みに賛同していただいた企業や団体が、コウノトリ野生復帰の取組みに直接参加したり、豊岡市コウノトリ基金に寄付いただき、コウノトリも暮らせるまちづくりが進んでいます。
寄付による支援(Tribute)

コウノトリ野生復帰の取組みを側面的に支援いただくため、寄付金を募り「コウノトリ基金」として運用しています。2000(平成12)年の設置以来、個人・団体・企業など全国から多くの寄付をいただき、コウノトリの餌場となるビオトープの整備や、生物多様性保全の拡大、環境教育などに活用しています。

行動による支援(Operation)

とにかく豊岡に行って何かをやりたい!という声もあります。コウノトリをめぐる取組みの意味を学び、実際に現地で作業をする。それが実践地域の活性化につながり、参加社員への研修にもなる。そんな『貢献学習』のスタイルも大歓迎です。

お米を食べる支援(Rice)

日本人の食習慣の変化に伴い、お米の消費はかつての半分になったと言われます。 でも実は、お米が作られている「田んぼ」は、コウノトリの餌場としてとても重要な場所なのです。たくさんの生きものと美味しいお米を同時に育む「田んぼ」を支えることも重要な支援です。皆さんぜひお米を食べましょう!

知識・技術による支援(Knowledge)

大学等の研究機関や企業が持つ知識・技術を、コウノトリ野生復帰を支える環境づくりに具体的に生かしていく動きも生まれつつあります。豊岡をフィールドとした理論の実践、環境技術の応用など、知的・技術的な支援も必要としています。

PAGE TOP
Translate »